煎りたて、挽きたて、淹れたて

ご自宅で美味しいコーヒーを飲むために大切なことって何でしょうか?

olivebread04

 

珈琲豆の生産地や道具、淹れ方等こだわりたくなる要素はいろいろありますが、私はまず「煎りたて、挽きたて、淹れたて」にこだわってみることをお勧めします。

購入したばかり珈琲豆を使って淹れたけど、全然膨らまなかったという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?その場合は焙煎からかなりの日にちが経っている可能性大です。珈琲豆は他の食品と比較すると断然日持ちしますが、焙煎直後から酸化や湿気による劣化が急速に進みます。コーヒーを淹れたときの膨らみ方が、「煎りたて」かどうかを判断するポイントです。「煎りたて」の珈琲豆は内部にガスをたくさん蓄えているので、コーヒーを淹れた時にとてもよく膨らむんです。

 

IMGP4063

 

コーヒーが最も香り高いのは珈琲豆を挽いた瞬間ですが、それは挽いた瞬間に内部に蓄えられていたガスとともに香り成分が一気に外部に放出されるからです。珈琲豆を挽いたことがある方は、挽いた瞬間にコーヒーの良い香りが部屋中に広がる体験をされたことがあるでしょう。私もあの瞬間が大好きです。ただ、香り成分が一気に放出されるということは、劣化もさらに早まるということなんです。焙煎から日にちがそれほど経っていなくても、豆の状態で保存する場合と、粉の状態で保存する場合とでは劣化の進行度が全然違うのです。できれば、毎回コーヒーを淹れる直前に豆を挽き、「挽きたて、淹れたて」の香り高いコーヒーを楽しんでいただきたいと思います。

IMGP4075

 

コーヒーラバーズ定期便では焙煎して当日中、もしくは翌日中に発送していますので鮮度は問題なし。今まで粉で購入されていた方は、是非、豆を挽くところからチャレンジしてみてください。「挽きたて」の香り高いコーヒーを楽しんでいただけるはずです。そのためには珈琲豆を挽く道具「ミル」も必要になりますね。こちらの紹介は次の機会にしたいと思います。

最後にもう一度。ご自宅で美味しいコーヒーを飲むために大切なキーワードは「煎りたて、挽きたて、淹れたて」です。