大手ファミレスグループがカフェ業態に初参入

大手ファミリーレストラングループがカフェ業態へ初参入するみたいですね。既存の店舗を改装しブランド転換となるようです。

コ〇〇珈琲店や星〇珈琲店のような郊外型でゆったりとした空間を提供するようなイメージでしょうか。店名は「むさしの森珈琲」、デザインコンセプトは「高原リゾートの珈琲店」とのこと。一号店は横浜市南区六ツ川で2015年3月7日(土)オープン予定です。(ここまで書くとグループ名が分かってしまいますね)

 

(画像はイメージです。上記店舗とは関係ありません。) By: Guy MOLL

 

メニューは「単一豆をハンドドリップ抽出」したコーヒーや、注文ごとにメレンゲをたてて焼き上げる「ふわっとろパンケーキ」など最近のブームを押さえているようですね。朝7時からのモーニングが提供されるのも嬉しいところです。

私としては、他の郊外型競合店とどのように差別化を図っていくのか気になるところですが、どのような形態にせよ、高品質で美味しいコーヒーが認知されていけば喜ばしいことです。

※本マガジンでは『COFFEE LOVERS』からのお知らせだけでなく、本記事のような業界情報についても随時ご提供していきます。