チョコレートドーナッツ

美味しそうなタイトルを見た瞬間、コーヒーに合いそうという理由だけで手に取ったDVD「チョコレートドーナッツ」。

いや、見事に予想を裏切られました。偏見が多い世の中にあって深い愛情で繋がる三人。「人としての本質」という部分を改めて考えさせられるストーリーでした。ご覧になる際はコーヒーとハンカチを忘れずに。

 

イントロダクション

1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイの話」。本作はモデルになっ た男性と同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームによってシナリオ化された。2011年、トラヴィス・ファイン監督はこのシナリオを読み、 崩れ落ちて涙を流したという。トラヴィス自身はゲイではない。だが、愛するわが子を奪われる苦しみに普遍性を感じたという。出会うこと、求めること、守る こと、愛すること……ゲイもダウン症も関係なく、魂のレベルで求め合う愛はすべての人の心に届く。そして、『チョコレートドーナツ』は全米中の映画祭で上 映され感動の渦に巻き込み、各地で観客賞を総ナメにするという快挙を成し遂げた。

映画「チョコレートドーナッツ」オフィシャルサイトより

 

P.S.昨今、コーヒー業界においてもイメージが先行し、流行りの言葉がひとり歩きしがちと感じております。そのような中でも『COFFEE LOVES』の目指す方向がぶれることがないように、コーヒーを通した「人との繋がり」という部分を大切にして取り組んでいきたいと思っております。